甲信越 2022.01.22

地域編集者が本当におすすめする新潟・長野・山梨グルメ・観光・温泉スポット45選!

  • LINEで送る

もくじ

長野県

【長野のグルメ】

信州蕎麦の草笛(長野県小諸市他)

本店が小諸にある信州蕎麦屋「草笛」。こだわりの信州蕎麦を提供していることはもちろん、盛りの量が多く、濃厚なくるみペーストが自慢のくるみ蕎麦や、優しい甘みのくるみおはぎも人気の店です。店内では、小諸城主仙石秀久公の伝えた伝統技の「小諸そば切り」を見ることができ、そば粉は信州産とこだわっており、とても美味しい!  長野県内に数店舗あるので美味しい蕎麦を食べに行かれてみてはいかがでしょうか。

丸山珈琲(長野県軽井沢町他)

長野県軽井沢町にある人気のコーヒー専門店「丸山珈琲」。自然に囲まれた閑静な別荘地に佇むペンションを改装した店内は、木の温もりにあふれた優しい空間で、四季折々の風景を窓越しに眺めながら、世界各地から独自のルートで買い付けた高品質のコーヒーが味わうことができます。香り高く口あたりが滑らかな1杯は、地元の常連だけでなく観光客にも愛される逸品です。筆者も近くに行くと必ず寄って珈琲豆を調達します。是非美味しいコーヒーを飲みに行かれてみてはいかがでしょうか。

手打ちそば根橋屋(長野県山形村)

「唐沢そば集落」をはじめ、評判の良い蕎麦屋さんが多くも連ねる長野県山形村。そのうちの1件「手打そば 川上屋」は昔からのそばの味を三代目が守っており、長野県産の玄そばを石挽きした細いのにコシがある手打ち麺と、煮干しと昆布のつゆがとても合います!また、とろろは山形村産の山芋が使われており、濃厚でとても美味しい!遠くからでもリピートしたくなる名店です!是非山形村へそばを食べに行かれてみてはいかがでしょうか。

肉そばこまつ屋(長野県高森町)

長野県高森町にある市田柿農家が始めた肉そば屋こまつ屋。「肉そば」はのどごしで食べる手打ちそばとは違い、もっちりとした強いコシがあります。そばの上には高森町市田地域で採れた市田柿を隠し味に使用したお肉がたっぷり、さらにネギ、白ゴマ、刻み海苔がドカッと盛られており、つけ麺のようなガッツリ感はありますが、食べてみると意外とさっぱり。ペロリと食べられます!南信方面に行かれた際には是非召し上がってみてはいかがでしょうか。

妻籠宿 お食事亭 音吉(長野県木曽町)

「お食事亭 音吉」は全国で初めて古い町並みを保存した宿場町妻籠宿にあり、観光客だけでなく、地元の方も訪れる人気のお食事処です。春は山菜、夏は鮎、秋は松茸、冬はイノシシなど、木曽の野山や川で取れる旬の素材をいただくことができます。その他料理も一品一品丁寧につくられており、とても美味しいです!妻籠宿に観光の際には木曽の豊かな食を味わいに行かれてみてはいかがでしょうか。


【長野の観光スポット】

御射鹿池(長野県茅野市)

御射鹿池(みしゃかいけ)は、八ヶ岳中信高原国定公園内の標高1,500mの山中にあるため池で、日本を代表する画家東山魁夷の「緑響く」のモチーフとしても有名で、水面に背景の風景が映り込む風景が美しく、多くの観光客、写真家が訪れるスポットです。四季折々の景色が本当に素晴らしく、この美しい森と湖面が、画伯のインスピレーションを刺激したに違いありません。季節毎に楽しめるのでそれぞれの景色を楽しみに行かれてみてはいかがでしょうか。

国立天文台野辺山(長野県南牧村)

国立天文台野辺山は「ミリ波」と呼ばれる電波をうける望遠鏡としては世界最大の45m電波望遠鏡や最先端の観測装置を設置し、宇宙に関わるさまざまなテーマの研究を進めています。構内の一部を見学コースとして公開されているので観測装置や研究成果を知ることができ、見応え抜群です!年に一度の特別公開日には、毎年多くの来場者で賑わいます。是非宇宙のロマンを感じに行かれてみてはいかがでしょうか。

下諏訪町(長野県下諏訪町)

下諏訪町(しもすわまち)は長野県の真ん中にあり、諏訪湖の北岸に位置する町です。諏訪大社下社や宿場町など深い歴史の面影があり、一方で若い方々が多く移住し、カフェ等が増え、新旧の文化が共存しています。以前マイグラトリーでもご紹介させていただきました。鉄道でも行けるのでぷらっと訪れてみてはいかがでしょうか。

かんてんぱぱガーデン(長野県伊那市)

中央アルプス駒ヶ岳山麓の赤松林を残した敷地に広がる「かんてんぱぱガーデン」は、寒天の製造メーカー・伊那食品工業が運営している公園工場。公園内には寒天製品が販売されている「かんてんぱぱショップ」や、日本初の寒天レストラン「さつき亭」などがあり、豊かな自然の中で楽しむことができます。筆者も近くを通った際には必ず立ち寄っています。南信方面に行く際は訪れてみてはいかがでしょうか。 

福島てっぺん公園(長野県豊丘村)

福島てっぺん公園は長野県豊丘村にある標高800mの公園で、伊那谷を一望でき、天竜川を挟んだ対岸の高森町や飯田市の市街地、中央アルプスなどを眺望でき、とても絶景です!箒に乗って空を飛ぶ写真がSNSで話題になり、新たな観光地にもなっています。3000m級の山々に囲まれた絶景の伊那谷を楽しまれてみてはいかがでしょうか。


【長野の温泉・宿】

野沢温泉(長野県野沢温泉村)

長野県の北部にある野沢温泉村。広大なブナの森から生まれる『野沢の湯』は、鮮度が高く良質で、豊富な湯量から日本屈指の名湯と言われています。かつては湯治場として多くの人が滞在しており、当時の面影を残した温泉街は風情があり、13箇所の源泉外湯めぐりをすることができます。冬はスキースノーボードも楽しめるので、滑ったあとに温泉に入ってみてはいかがでしょうか。

葛温泉高瀨館(長野県大町市)

葛温泉は長野県大町市にある秘湯で、高瀬渓谷に抱かれひっそりとたたずむ温泉です。高瀬館は露天風呂が広く、貸切風呂もある人気の旅館です。春の新緑、秋の見事なまでの紅葉を眺めながらの露天風呂は格別!本当に気持ちいい!是非大自然を感じながら入りに行かれてみてはいかがでしょうか。

田沢温泉 ますや旅館(長野県青木村)

長野県青木村にある田沢温泉は、宿が数件あるだけの山懐に抱かれた静かでひなびた雰囲気の温泉街ですが、昔ながらの湯治場の風情を今に残しています。開湯は飛鳥時代(奈良時代とも)と言われるほどの歴史を誇り、少し卵臭のする泉温38~40℃の弱アルカリ性の単純硫黄泉は、長湯をすることでじっくりと身体を温めてくれます。     ますや旅館はかの有名な文豪である島崎藤村が明治32年(1899年)8月に逗留したことでも有名で、実際に泊まった部屋(藤村の間)が今でも残されています。しかも藤村の間には現在でも泊まることが可能なのだとか!今日ではめっきり姿を見なくなった木造三階建てという建物はとても趣があります。公衆浴場もあるので是非温泉巡りにいかれてみてはいかがでしょうか。

王ヶ頭ホテル(長野県松本市)

「王ヶ頭ホテル」は美ヶ原高原の最高峰「王ヶ頭」(標高2034m)に建つ山頂のお宿です。美ヶ原高原は、長野県のちょうど真ん中、日本一広い高原台地を誇る高原で、富士山・八ヶ岳・北アルプス等、日本の屋根とも呼ばれる名だたる山々が360度隙間見渡せ、春夏秋冬、いずれの季節も美しい景色を楽しめます。そんなアルプスの展望台にある「王ヶ頭ホテル」から見る景色は本当に美しい…!絶景に癒されます。展望ツアーや星空観測ツアーも開催されているので大自然を満喫されに行かれてみてはいかがでしょうか。

白骨温泉(長野県松本市)

乗鞍岳の山腹の樹林に囲まれた湯川渓谷にある静かな温泉郷。「白骨の湯に3日入ると三年は風邪をひかない」と言われています。お湯は乳白色ですが、この色は元からではなく、湧き出た透明な湯が空気に触れて白濁するそうです。湯宿はそれぞれ源泉を持っており、それぞれお湯を楽しむことができます。北アルプスの大自然の中でゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • LINEで送る

コメントを残す

*